FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

育休あけ一年目の業務目標

暖かい日が続く毎日となりましたが 、季節の変わり目は

保育園でも職場でも、体調を崩す人を多く見かけます。

現に私もその一人・・・ 少し前に体調を崩し辛い思いをしたところです。

それでもこぞうたちはいつも通り、元気に過ごしてくれたので助かりました。

保育園に通う以上は、集団感染が起こったり、

流行のウイルスは避けられません。

ですが今年一年こぞうたちは大きな病気をすることも無く、

仕事を休まないといけない状況になることもほとんどありませんでした。

年齢が大きくなると共に、体も随分強くなったと感じていますが

それだけではなく、ウチでは仕事を突然休まない為に

こんなルールがあります。


◆早寝早起き朝ごはん◆
↑泉佐野の保育料決定通知が入っていた封筒に書かれていました。ゴロがいいのでパクリました(笑)
保育園に通ってる時点でだいたいみんな早寝早起きの
規則正しい生活ができていると思います。
ただ、こぞうたちだけで寝かせるといつまでたっても
ゴソゴソと遊んでしまい、なかなか寝付いてくれんので
なるべく一緒に布団に入れるよう、私も早寝を心がけています。
朝ごはん記事は過去記事『育休あけが近い人に特に読んでほしい話』で書きましたが
時間が無いなりに工夫して、しっかり食べて行かせるようにしています。

◆夫婦間での『報連相』◆
保育園で集団生活をしていると、
咳をすること、鼻をたらすことはしょっちゅうです。
いつもの様子とちょっと違うなと思ったら、
夫婦間での、“報告・連絡・相談”を必ず行い、
どちらがいつなら病院へ連れて行けるか?
早い段階で予定を決めておきます。
それまでに症状が治まってしまえばラッキー。
体調の変化は敏感に夫婦で気に掛けるようにしています。

◆病院へ連れて行くタイミングに気を付ける◆
基本的には症状が酷くなる前に早めに病院へ
連れて行くようにしていますが、
インフルエンザや風邪が流行っている時期の
病院へ行く事は避けるようにしています。
抵抗力が弱っていると余計な病気をもらいやすいからです。
普段から病院へ連れて行く時間帯は、
朝一番か診察時間終了間際の人が少ない時間帯にしています。
病気で来院した他の患者さんとの接触は、極力避けたいからです。


何て低レベルな目標か・・・と感じる方もいると思いますが、

私が育休あけ一年目に立てた業務目標は

『家族の体調管理をしっかり整えること』でした。


長い休みで仕事を離れた不安はもちろんありました。

遅れた分を取り戻さなくては!!と焦る気持ちもありました。

でもこぞうと一緒に毎日同じ時間に出かけることは、

仕事復帰の私にとって、一番大きなハードルと感じていました。


こぞうが元気に保育園へ通うことができてこそ

当たり前に出社し、仕事ができることを考えれば、

私が仕事をする上で、家族の生活リズムを整えることは

最低限の課題であり、一番大切なことだとも感じました。

復帰後すぐに仕事で貢献することを考えるよりも

まずは周りに迷惑をかけず仕事を続けられること

最優先に考えました。


こんな目標設定を考えたおかげか、こぞうが元気に過ごす今があります。

出来る人には物足りない目標かもしれませんが

これからワーママになる人や、復帰後間もない人にとっては、

これが結構大変に感じることかと思ったので

今日はウチでの気をつけているポイントを紹介してみました。

基本的なことになりましたが、お役に立てれば嬉しいです。


今日の自分にプラスの気づき。

おやすみなさい。




実はこの春から私も時短勤務が終了し、
これまで以上に早く出勤、遅い時間に退勤となります。
フルタイム勤務に不安はありますが、
ワーママ一年生の初心を思い出し
社会人復帰を目指したいと思います!!
ワーママの皆さん、お互い頑張りましょう✩


講座情報はコチラ

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村



スポンサーサイト

キャラ弁でなくても、愛情が無いわけじゃないんやけど・・・

先日こぞうの保育園でお別れ遠足がありました。

働いてる身としてはとてもありがたいことですが、

こぞうの通う保育園では、お弁当を作る機会がほとんどありません。

でも今回の遠足は家で準備したお弁当を持って出かける一大イベント。

下のこぞうはまだ小さいクラスということで、お弁当は園で準備してくれるのですが

上のこぞうにはいつもより1時間早起きしてお弁当を作りました。

仕事もあるし、たまたま体調を崩していたこともあり

なるべく簡単にできて、でもこぞうが喜ぶようなのを作ってやろうと頑張りました。

市販のピック


おにぎりラップ


に助けられ、何とか間に合って完成。

遠足のお弁当

この程度でも私は時間がかかってしまいます。

毎日旦那と自分のお弁当は作っているものの、こぞうのお弁当ほど時間もかけません(´・ω・`;)

残さず食べてきてくれることと、遠足を楽しんできてくれることを願いながら出勤しました。


夕方、家に帰ってお弁当箱の蓋を開けると中身は空っぽ。

ちゃんと食べてきてくれたんやな~。と安心して、こぞうに遠足の話を聞きました。

いっぱい歩いて疲れたこと、友達と一緒におやつを食べたこと

それからお弁当のことも。。。

『嫌いなチーズ、入ってたけど残さんと食べた!美味しかった!』

『でもなぁ・・・』

???


「どうしたん?」と聞くと

『みんなのおにぎりは形あるのに、ボクだけ何もなかった・・・』

『○○くんはモンスターズインクで、○○ちゃんも形やったのに。』

『みんなだけいいなぁ。ボクも形のご飯が良かった。』

『ボクだけ・・・ 何で形のおにぎりにせんかったん?』


こぞうがイジケながら話す姿を見て、

やっぱりみんなのお母さんキャラ弁頑張ってるんか。

子供ダマシなラップではあかんかったかな・・・と思っていると

横で聞いてたダンナが怒り出しました。

〝 朝早起きしてオマエの為に作ってくれたのにそんなん言ってええんか? 〟

〝 まだ病気治ってないけど一生懸命作ってくれたんやぞ!おかぁの気持ち考えろ。謝れ!! 〟


「もぉええやん。(^-^;」


私も多少は凹んだけど、その時の自分にできる範囲のお弁当作ったつもりやし

友達を羨むこぞうの気持ちも分からんわけじゃない・・・

無理してでもキャラ弁にしてやれば良かったんかな?とか

せめてラップはこぞうが好きなのにしてやれば良かったか?と



↑こんなんをネットで検索したりもしてみました。


誰が悪いわけでもない。


旦那に怒られ泣きながら謝るこぞうを見て複雑な心境・・・


キャラ弁というものを上手く作れる自信もないし、

キャラ弁じゃ無いと愛情がないというわけでもないと思っています。

だけどこぞうにも、こぞうなりの気持ちがあったことを考えると

できひんなりにキャラ弁に挑戦してみようかなと思いました。


そぅ思ったのは泣いてるこぞうの姿を見て、25年前の自分と重なったから。

当時こぞうと同じ年頃の私は幼稚園やったけど、今でも覚えてることがあります。

今回のこぞうのお弁当の件と、何となく似た経験をしていたのです。



✩  ✩  ✩  ✩  ✩  ✩  ✩  ✩  ✩  ✩  ✩

私が通ってた幼稚園では、年に一度のマラソン大会があった。

走るのが好きか嫌いかと言われれば嫌いなんやけど、絶対走らなあかん状況で

最後まで頑張って走ったら、メダルをもらえる表彰式があった。

そのメダルというのが各家庭で親の手作り

親の立場で考えたら、(忙しいのに)何でそんなことさせたんや!って

今は思ってしまうけどp(`ε´q)

ご褒美に親の手作りメダル(首飾り)をもらえるのがみんな嬉しかった。

たった一人私を除いては・・・


みんなのもらうメダルは、女の子なら花や動物の可愛いメダル。

男の子なら飛行機や車の乗り物といった、親がその子の好みに合わせて作ったメダル。

中には当時のアニメキャラや戦隊ヒーローの子もいて、特にそんなんは羨ましかった。

やのに私のメダルはインスタントコーヒーの蓋にリボンを付けて作っただけの

可愛さを微塵も感じんメダル(と呼べるかも怪しい)

教室の後ろの壁に、みんなのメダルが飾られていて、

『○○くんのんスゲーな!カッコイイ!!』とか

『○○ちゃんの、いいな~!私も欲しい!!』とかのやりとりがあったと思う。


私は飾られていることすら恥ずかしくて、

『何でうちはこんなメダルなんや。いらんわ!!』的なことを発言し、

頑張って走っても、もらうメダルがあれなら走らん!!と駄々をこねたんやと思う。

その辺の記憶は曖昧やけど、担任の先生に教室で

「お母さんが作ってくれた素敵なメダルやん。先生は好きやけどなー。」とか、

「他の子は何も匂わんけどコーヒーのいい匂いがするよ。」と言って

なだめられた記憶がある。

それを知った私のお母さんは、どんな気持ちやったんやろう?

多分やけどキャラ弁を作られへんかった私と同じ心境やったかな。


数日後、教室の後ろに私のメダルは掲示し直された

型紙にハギレを貼り付けて作ったひみつのアッコちゃんのメダル。

少し長細くって、決して上手なアッコちゃんではなかったけど

女の子の友達みんなに『いいな~!!』って羨ましがられた。

その時のめちゃくちゃ嬉しかった記憶を今でも覚えている。


でもそのメダルを受け取るまでには、子供なりに複雑な気持ちも記憶している。


私の両親は自営業をしている。

マラソン大会のある寒い時期は特に仕事が忙しく、

夕御飯を食べた後でも店で仕事をしていることがあった。

『また仕事かよ~。』 と思いながら店にいたお母さんのところへ行くと

何かの本を見ながらひみつのアッコちゃんの形の型紙に、色んな色のハギレを切り貼りしていた。

すぐにそれがメダルと分かり、嬉しさと、出来上がりが楽しみなんとで喜んだ。

けど同時に 『ごめん』 と謝らなあかんような気がして・・・

素直には謝られへんけどお母さんに悪いことしたな。って思った記憶を鮮明に覚えている。


きっと幼稚園から期限内にメダル作成の手紙をもらい、仕事の都合もあってか

作成サイズにあったコーヒーの蓋を利用して作ろうと思ったに違いない。

自分が仕事をしながら親になった今なら、お母さんの気持ちも分かるんやけど

幼稚園の私には、時間をかけて作り直してくれたメダルを見るまで

そのことに気づくことができんかった。


✩  ✩  ✩  ✩  ✩  ✩  ✩  ✩  ✩  ✩  ✩


お母さんは、このメダルのことを覚えてるか分からんし、

親心に気づかせようなんて裏は全く無かったと思うけど、

30を過ぎた今でも私の記憶には残っています。

今回こぞうの遠足のお弁当のことではっきり思い出しました。


将来こぞうにキャラ弁を作ってもらったと記憶しといて欲しいなんて気持ちは無く、

無理してくれたなぁ。頑張ってくれたなぁ。なんて思って欲しいわけでもない。

でもやっぱり、自分が子供やったあの時の気持ちを思い出すと

こぞうが望むお弁当を作ってあげたい気持ちになりました。


遠足のタイミングでは持たせてやれんかったけど、

近いうちキャラ弁というものに挑戦してみようと思います。

あの時自分の母親が私の為にしてくれたように、

こぞうを喜ばせる努力ができる親でありたいと思います。


今日の自分にプラスの気づき。

おやすみなさい。


少し古い記憶の話となりましたが、今も昔も
子供を思う母親の気持ちは変わらないのかなと
感じています。
頑張りすぎない育児を心がけていますが、
時には本気で向き合うことも必要だと思っています。
メリハリのある育児を目指し頑張りま~す!


講座情報はコチラ

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


消費税増税前の買いだめ する派? しない派?

3月も残りわずかになりました。

月が変われば8%・・・

収入は少し上げるのも苦労するのに、消費税は簡単に上がってく。

イタイ・・・イタすぎる(。´>д<)っ

さて今回のお題ですが、あなたは消費税増税前の買いだめ

してますか? していませんか?

私は特にしていません。

けど数年前の私なら、きっと・・・

いや、間違いなくしてた気がするんです( ̄▽ ̄)


この問の回答ですが、どちらが正しいと言いたいわけではありません。

人によって向き、不向きがあるようです。

そして買いだめしていい商品、損する商品というものも・・・


難しいことは説明しにくいので、専門家の方が分かりやすく書いたものをどうぞ↓

『消費税増税前に買いだめしていい商品、損する商品』


ここに書いてあるように、私は性格上おそらく買いだめしても

「まだ予備あったしな~。」とか、「早く減らさな置き場所無いし・・・」

いつもよりハイスピードに雑な使い方をしてしまう気がします。

今回の増税で、世の中買いだめモードになってることは

薄々感じていましたが、「早いうち買っとかねば!!」

という気にならなかったのは、やはり整理収納アドバイザーの

資格を取得した経験が大きく関わっているように思います。


私の中でも「買いだめした方が得かな~。」の気持ちが

全くなかったというわけではありません。

でもその気持ち以上に

「買ったもんどこにおくねん??」と問いかける自分がいたんです。

必要なカンヅメ食品や洗剤類のストックは、安い時に保管できる分

買い置きしてるんで、今以上に保管できる場所を広げる余裕もありません。

今回の増税に伴って、一時の為に買いだめしたストック置き場をわざわざ作るのも面倒くさい。

1回、2回分安く買えたとして、

モノに溢れるストレスに見合う額ではないな と・・・

どこか冷めてる自分が居ます(☉ェ☉;)(←あくまでも私の感覚なので)

とはいえ世の中の流れに、少しだけ乗ってみようという自分も居て、

普段買わないようなトイレットペーパーを1つ買ってみました。



3%分上がる前に唯一の贅沢か!?(笑)

旦那にも『どーしたん?えらい奮発してー!』と言われました。
庶民の生活がバレますね ヽ(;▽;)ノ アハハ

こんなの買ったことなかったんで、こぞうたちもテンション上がってました。


買いだめする派の方も、しない派の方も

増税なんかでこれまでの生活スタイルが崩れない暮らし

にしていきたいもんですね♪


今日の自分にプラスの気づき。

おやすみなさい。


いつも訪問ありがとうございます。
今回は今話題のネタで書いてみました。
この記事を読んだ上で買いだめされるもよし、
思いとどまるのもありやと思います。
少しでも参考にして頂ければポチッと応援よろしくお願いします。


講座情報はコチラ

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

私の目指す整理の形

しばらく更新できない期間があったにも関わらず

訪問・応援いただきありがとうございます。

体調を崩してしまい、ブログを更新出来ない日々が続いていました。

不定期ですが、また書いていこうと思いますのでどうぞよろしくお願いします(〃´∀`〃)ノ



ある日の休みを利用して、乱れてきていた引き出しの整理を行いました。

整理経験のある人なら「うん、うん。」って分かってもらえると思うけど

綺麗に整えた場所ってのは、誰かに見せたくなるもんです(´◔౪◔)

『ちょっと来てー!』 同じく休みでゴロゴロしていた旦那を呼びました。

「おー!キレなったやん。」

『やろ~!?』

その一言でヨシと思えます。やった事にも自己満足やけど、

人に認めてもらえたら、やった甲斐あるわーと思えます。

そこで私は終わる話やったんですが

『そんなん言うんやったらこっち見てみー!』と旦那にキッチンへ呼び戻されました。

見ると食器棚の下段(ウチではお弁当箱&タッパー入れにしてるのですが)が

綺麗に整理されていました。

「ぉお!!(゚ロ゚屮)屮、どーしたんコレ!?」

『整理したんや!』


そら見てわかるわぃな・・・と言いそうになったけど、

旦那が自ら整理してくれたこと(しかもタッパーて(^_^;))にビックリして

「ありがとう。」としか言えませんでした。

親知らずが痛くなり、私が歯医者へ行っている午前中の間に

旦那は一人で整理をしてくれたようです。


タッパー整理


『同じ大きさ別に積んであるから、これ以上は増やさんとこ。』

『弁当箱とか水筒の毎日使うやつはココって決めた。』

『余った食材の保存用、弁当箱の代用品もこんだけあったら十分やろ?』

「う・・・うん。(゚ω゚;)」

『それからくぎ煮のタッパー、めっちゃ多いやろ?

だから折り紙入れろってこの前(こぞうにも)やったで。』


「うん・・・分かった。」


タッパーの使用目的を考えた上で整理した旦那の説明は力強く、

我が家の使用状況的に否定するところもありませんでした。

ただただ驚きと旦那の整理後の話にあっ気にとられ

「急にどうしたん??」と聞いたのですが

『俺って前からこんなんやん(๑≖ټ≖)v』

と冗談交じりに返されました。


前回のブログから間があいてしまいましたが、

こぞうの折り紙収納にタッパーを利用した話のいきさつですが、

旦那が整理に目覚め、しまいきれず、捨てきれないタッパー

があったからなんです(笑)

日常的に私が家の中を整えていくようになり、いつの間にか旦那も

少しずつ乱れた所が気になり、ほっとけなかったようです。

資格を取ってから旦那に詳しく整理を教えた事はありませんが、

私の整理する様を見て、自然と分類・適正量・定位置等の

整理の知識は身に付いているらしい・・・

こぞうたちは片づけられん子にしたくない!!と思っていましたが

親が変われば、こぞうも整理の基本を身につけられると信じています。

強制ではない家族の意識改革

これが、私の目指す整理の形です(๑≧౪≦)


今日の自分にプラスの気づき。

おやすみなさい。



多くの方が悩まれているタッパーの使用方法、
簡単にモノを捨てられればイイけど、なかなか難しい人もいます。
こんなにいらんと分かっていながら処分できないタイプの人は
食品をいれるだけのモノという固定概念にとらわれず
食品でないモノを小分けにしたり、収納の区切りに利用するのもアリやと思います。
それでも使用方法が見つからず処分もできないと感じた時は、
整理収納アドバイザーに相談してみてくださいね。


講座情報はコチラ

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


現実味のある整理収納 

前回のブログにはたくさん応援をいただきありがとうございました。

私と同じ子育て世代、特定の方に向けたメッセージ内容となりましたが、

長文にも関わらず多くの方に読んでいただけています。


穏やかな遊びの楽しさも覚えたこぞうたちの今のお気に入りは折り紙です。

旦那も私も鶴の折り方さえ危ういというのに、上のこぞうは

折り紙の説明書を見ながらひたすら一人で折りまくっています。

親バカながら「スゲーッ!」と本気でちょっと感心したりしてます(゚∀゚)

折って楽しむことがまだできん下のこぞうが唯一作れる作品は

長方形に1回折っただけのソファー ・・・らしい(笑)

だから基本上のこぞうが作った折り紙で遊ぶ下のこぞう。

折る楽しみ(兄)と、新しいモノで遊ぶ楽しみ(弟)

需要と供給が成立してます。

自分らで考えて大人しく遊んでくれたら何でもいいや~!!ってのが親の本音。

でも作った折り紙は毎回グチャグチャになってしまいその場限りの遊びになりがちでした。

せっかく仲良く遊べてる2人のブームを大事にしてやりたい。

タイムリーに動いてくれたのは旦那でした。



未使用&作りかけの折り紙を保管するのは浅いタッパー

実はこれ、毎年この時期になると実家から送られてくる

いかなごのくぎ煮が入ってたタッパーなんです。
いかなごのくぎ煮

私の地元の明石では、春先にいかなごのくぎ煮を大量に作って

親戚、近所に配りまくるんです。

炊きたてご飯にもお酒のアテにもめちゃウマーーッ!!な一品。Σ(ノ≧ڡ≦)

久しぶりのくぎ煮を前に、みんなでおかわりしてしまいました。


・・・と話がそれましたが、折り紙で作った作品を入れるBOXは、

100均へ行き、こぞうに好きなのを選ばせてみました。

何ともセンスのないオレンジのプラスチックケース(´д`;)

中身の見える透明のモノも提案しましたが、他のオモチャを入れるケースと

かぶると分からなくなるからオレンジがいいそうです。

自分で決めたことは忘れん。

何より自分で選んだお気に入りの入れ物を持つことで、

『しっかり片付けな!!』って気持ちになってくれるんです。

折り紙のお片づけ


まだまだ寒いけどくぎ煮を見ると、今年ももぅ春が来たんやなと感じます。

ということで少しずつ私も新しいことに挑戦していきたいと思います♪

セミナー情報


詳しくはこちら⇒5Petal rooms

私もここでセミナー協力させていただいてます♪

ブログでまだまだ未公開の家の中、こぞうのこともチラッとご紹介出来るセミナーです。

会場で直接お話もできたらと思います!お近くの方はぜひいらして下さいね。


今日の自分にプラスの気づき。

おやすみなさい。



折り紙の入れ物はくぎ煮のタッパー。
全然オシャレと程遠いけど、現実味のあるリアルな日常です(笑)
旦那がこぞうに渡したこのタッパー。
その経緯は書ききれなかったので次回にしたいと思います。
興味のある方はポチッと応援よろしくお願いします!


講座情報はコチラ

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

戦いごっこが好きな子を持つお父さん、お母さんへ         ~ 親として振り返ってみたいこと ~

初めに書いておきますが、今日のブログは長いです。

でも戦いごっこが好きな子の親の立場である方には、ぜひ一度目を通してもらいたい内容です。



戦いごっこにはまっているこぞうたち。

明けても暮れても『なぁ、戦いやろーっ!』と誘ってきます。

たまに追いかけっこする事もありますが、

「ムリムリ!おかぁは力無いから。」と、この一言で難を逃れ

たいていこぞう同士で戦いするか、

旦那が居れば全力で2対1の戦いをして遊んでます。

それがまさかの結果を生むなんて・・・


yahoo画面を見ていたら「ウチのこと?」って思う様な

グサッとくる知恵袋の記事を見つけました。⇒yahoo知恵袋


少し前の話になりますが、お迎え時下のこぞうの担任に、呼び止められることがありました。

私が迎えに行く時間、通常担任の先生は帰ってる時間です。

遅い時間に残ってまで話って・・・

だいたいこういう時は良くない話と予想できます( ;-`д´-)

「最近おうちでの様子どうですか?」

の問いかけに対し、『元気です。いつも走り回ってます。』

「家ではどんな遊びしてますか?」

ハマってるのは戦いごっこですね。寝る前には本読んだりもしますけど。』

「あぁ・・やっぱり。」

どういう意味かさっぱり分かりませんでした。

『何か保育園であったんですか?』

聞くとクラスの友達や先生に、こぞうが後ろから殴りかかることがあるそうです。

押したり、たたいたり、モノを取ったり・・・


みんなでブロック遊びをしていても、

横取り → 友達が追いかける → 喜んで戦いごっこしてる気になる

ってな感じで本人は遊びのつもりでも、友達からすれば

“ただのウザイ奴”になってるようでした。

先生が言うには、

①ブロックのように座って遊ぶ(穏やかな)遊び方が分からない。
②友達は色んなモノを作るけど、こぞうはできずにしょげてしまう。(楽しみ方が分からない)
③つまらないから構って欲しくて、人のモノを壊したり、取り上げてしまう。


そんなことが保育園で起こっていたそうです。



正直ショックでした


育児に自信があったわけじゃないけど、自分の目の届かんとこで


人に不快な思いをさせるような子に育ててしまったこと。

一緒におれる時は思い切り遊んでやりたいと、父親にしかできん遊びで

いつも相手してくれた旦那にも、何て伝えていいか・・・


でもこのままほっておいていいはずは無く、悪い事は悪いと教えたい

『戦隊もんやヒーローは見せるべきではないですか?』

先生に聞いてみました。

「見るなと言われれば余計見たくなります。男の子やから憧れるのも当然のこと。

見る時間を考えて、そればっかりにならないように工夫してあげて下さい。」

それから、「家に帰っても怒らないで。」と先生に言われました。

まだ小さいこぞうに、振り返って話してもいつのこと?何のこと?

と状況が分からず、何について怒ってるかが分からんからだそうです。

しかもこぞうは全く悪気なくやっていること

もし家で兄弟や私にそんな場面(いきなりたたいたり押す行為)が出た時に、

その場で注意して話しをするようにして下さいと言われました。


先生からの話を受け、今まで以上に下のこぞうの動きに注意して観察しました。

やっぱり剣を持ち「戦いやろーっ!」と兄弟間で始まります。

そればっかりにならん工夫って・・・何すればいいんか??


いつもなら戦いごっこを見ながら、夕飯準備するとこですが

『たまにはチャウ遊びもしてみーひん?』

『今日はブロックしよや!』


こぞうが興味を示さず2階にしまい込んでいたブロックを取り出し

とりあえずこぞうたちの目の前に出してみました。

「うん、やるやるーーっ!!!」

久しぶりに見たおもちゃに新鮮さを感じたのか、すぐに食いついてきました。

上のこぞうに『ブロックの遊び方が分からんねんて。教えたってくれる?』

「うん、いいよー!」

そぅ言ってもやっぱり、5分もせんうちに兄弟で取り合い・・・

慣れてへんから仕方ないとは分かってたけど、保育園でもきっとこうなんやろな。


同時に、いつも戦いごっこに付き合ってくれる旦那に何て伝えようか迷いました。

遅番勤務が終わって帰ってくるのは夜中の2時半過ぎ。(私は一旦こぞうと一緒に寝てしまいます)

疲れて帰ってきてこんな話聞いたらテンション下がるよなー。と思いながらも

旦那の協力無しには変えていけんことでもあるんで

その日のうちに伝えることにしました。


『こぞうが保育園で友達をたたくんやって・・・一方的に。』

「え?何で??」

『仮面ライダーとかの見過ぎかな。戦いごっこのつもりと思ってるみたいで。』

「それは別やろー!TV見せたらあかんってこと?」


私の感じた疑問と同じ質問をしてくる旦那に、先生と話した会話を詳しく説明しました。


いつも家でやってることを、同じように保育園でもやっただけ。

こぞうにとったら当たり前やから、悪いことしてるつもりもない。

でも大きくて力のある旦那なら、手加減なしに飛びかかって行っても平気なことも

対等の友達や女の先生にはデカイ衝撃になるんやと。


「俺もそんなつもりじゃなかってんけどな。おる時ぐらいはって思うから・・・」

『知ってる。だから言うのも悪いなって思っててん。けどこのままほっといたら

友達に嫌われんちゃうかと思って。仲間に入ってけん子になったら嫌じゃない?』

まだ月齢の小さいもん同士、よく分からずにその場で解決してまたすぐ遊べるかもしれん。

けど何回も同じ行為が続くようなら、友達だって嫌になる

それを知った相手の親も、きっと警戒すると思う。

“○○くんはすぐたたく。” “○○くんには近づかない方がいいよ。”

なんてことになってしまったらイメージもなかなか回復しづらい。


話していくうちに自分たちの学生時代を振り返り

クラスで授業中じっと座ってられんかったタイプの子や、

授業をサボるタイプの子(不良と呼ばれてた?)たちの話にもなりました。

『本間は、みんなと同じようにしたいけど、やり方が分からんで

少しずつ逸れて行ってしまったんかもな。』

①ブロックのように座って遊ぶ(穏やかな)遊び方が分からない。
②友達は色んなモノを作るけど、こぞうはできずにしょげてしまう。(楽しみ方が分からない)
③つまらないから構って欲しくて、人のモノを壊したり、取り上げてしまう。

こぞうの行動を考えると、当時なかなか周りの大人に認めてもらえんかった

ちょっと悪さをするような友達のことと重なりました。

旦那も男3兄弟で育ってきたから穏やかな遊び=ゲームぐらいしか知らんやろう・・・

でもこぞうのことを考えれば、今まで通りじゃアカンと思ってくれたようです。


それから戦いごっこはさせなくなったのか、戦隊ヒーローは見せてないのかと言うと、

これまで通り遊ばせてるし、見せてます。

ただ、私は夕飯作りながらも、『今日はブロック(パズル)にしてみたら?』

と色んな遊びを勧めるようにしてみました。

ギャーギャーわめいたり泣き声に交じり、たまに聞こえる「ばかやろー!」の声(;一_一)
(いったいどこで覚えてきたんや?)

最初はいつもよりひどい喧嘩になることもありましたが、上手く他のおもちゃへ

気持ちを転換させ、穏やかな遊びをする機会を増やしてみました。

すんなり遊び方を教えることはできませんでしたが、

少しずつ訓練するうちにこぞうたちの会話も変わってきて

「これあげるからこっちの貸して?」  「うん、いいよ。」

「こんなんできた!」  「わーっ、スゲーなぁ!!」


私ももちろん過剰評価して『むっちゃカッコいいのんできたやん!』

『上手に作れるようになってきたなぁ!!』と褒めることを意識してみました。

出来る喜び、褒められる喜びを覚えたこぞうは

「2人ででっかいのん作ったで!!見てーっ!!!」

ブロック遊び

協力して遊べるようにもなりました。

それでもやっぱり喧嘩したり、取り合いが始まることもあります。

ただ、先生の最近のノートには、

「以前のように友達と衝突することも少なく、落ち着いた様子に変わってきています!!」

とこぞうの変化を知らせる嬉しいメッセージが書いてありました。

問題に真剣に向き合うことでこぞうに思いが通じたんか?(メ・ん・)?

と思うしかありませんが、

戦いごっこについて考える時間を持って良かったと思います。

教えてくれた先生にも感謝!!


結局3歳ぐらいの子に“家でやってもよそでやるな!!”は通用しなくって

日常的にやっちゃう当たり前の行動は、いつでもどこでも出てしまう

大人の都合でレストランでは走り回るなって言ったって、

家での食事時、ウロウロさせるの許してたらお店でもやってまうんは仕方ない。

その場だけ怒るんがしつけなんじゃなく、臨機応変にできんのが子供

大人側がしっかり理解しておくことが大事やなって思いました。


きっと親なら誰だって 「人に迷惑かけんような子に育てたい!」

「仲間はずれにならんよう育てたい!!」 そんな思いがあるんじゃないでしょうか?

自分の子は自分でしっかり責任もって育ててる!!

そう思ってても、違った目線でしか気付かないこともいっぱいあると思います。


“楽しんでるんやな。” “子供やから仕方ない”  で終わってる当たり前の日常を

一歩ひいて 『自分の子供の行動』が、誰かを不快にさせてないか。

その子の為にも振り返って観察してみたいこととして共有させてもらいます。

今回のことは親として悩みましたが、私と旦那も成長させてもらえる

貴重な育児経験として、今後に繋げていきたいと思います。


今日の自分にプラスの気づき。

おやすみなさい。


最後まで読んでいただきありがとうございました。
結局どうすることが一番良い方法か、正解はまだ分かりませんが
被害者側が怪我しない為の対策や意見はあっても、
私のように我が子が加害者になってることに気付けてない親も
いるかと思い、気づきになればと書いてみました。
まだまだ育児に悩みはつきませんが、こぞうと一緒に
乗り越えていける親でありたいと思います(〃゚A゚)


講座情報はコチラ

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村



プロフィール

pokon

Author:pokon
はじめまして。pokonです。
5歳と3歳の息子を育てながら、共働き生活を奮闘中!
新築購入を機に
『整理収納アドバイザー1級』
の資格を取り、
家族、仕事、自分の時間をどれも充実させる為の家づくりを目指しています。
こぞう達と一緒に、日々成長してくおかぁになるぞーっ!!


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧履歴
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。